髪のお手入れ私のやり方

私は以前の髪の長さはロングで髪を洗うのも結ぶのも全て大変でした。そんな時でもシャンプーは全体に泡が行き届くまでしっかりつけて痒いところがなくなるまで洗って、最後にはリンスをするように決めて毎日していました。

リンスは根本よりもダメージがひどい毛先を中心にしていました。そして、リンスをした後はすぐ洗い流すのではなく数分経ってから洗い流した方がリンスの効果がしっかりと出ると聞きいつもそうしていました。私は最初に頭を洗うのでリンスをして待っているあいだに他のところを洗うなど時間を有効活用しています。

また、リンスを洗い流す時もヌルヌルがなくなるまで洗い流すのではなく少しヌルヌルが残るくらいまで流しています。お風呂から上がると髪を乾かすのですがドライヤーも近すぎると髪が焼けて色が変わってしまうので暖かい風がくるなと思うところぐらいからドライヤーを当てて乾かすようにしています。

今はショートになりパーマをかけたのでその分髪も傷んでいます。なので毎日のお手入れを欠かさずやっています。パーマをかけた時には、リンスだけでなく髪の保湿をしてくれるオイルも塗っています。

染めたりパーマをかけたりするとその分髪の痛みも増すのでしっかりとしたお手入れが必要になってきます。また、ロングだった頃は毛先が傷んだら毛先だけを切るなどしていました。傷んだからといって自分で抜いたり枝毛を裂いたりするとその分また髪が痛むので毛先を切るのがおすすめです。

くせ毛の人のヘアケア方法

くせ毛で思い通りにまとまらなくて、困っているということはありませんか。そのような場合の解決手段としては、まず髪型を変えてみる、縮毛矯正をかけてみる、あるいはお手入れ方法を変えてみるといった方法が挙げられます。

髪型を変える時は、美容師さんとよく相談して、自分のくせに合ったスタイルを選ぶようにしましょう。その時に、スタイリング剤などについて教えてもらうと、その後自分でもスタイリングがしやすくなります。

縮毛矯正は、くせ毛でもサラサラストレートにしたい時にお勧めです。ストレートパーマでなく、必ず矯正をするようにしましょう。この場合は、後のケアもきちんと行うようにします。

しかし、ゆるいくせ毛程度であれば、お手入れ方法を変えるだけで、かなり扱いやすくなります。まず、くせ毛対応のヘアケアアイテムを選ぶようにしましょう。

最近は特にくせ毛用でなくても、髪をしっとりさせ、ボリュームが出るのを押さえてくれるシャンプーやトリートメントもあります。口コミサイトなどで、自分に合いそうな物を探してみるといいでしょう。

それからシャンプー後は、しっかり乾かすようにしましょう。少しでも湿っていると、そこがうねりやすくなったり、あるいははねやすくなったりします。

もちろん髪の毛がカラカラに乾燥するのはよくないので、髪をしっとりさせるタイプのローション、あるいはクリームなどをつけて、ドライヤーをかけるようにしましょう。特に湿気が多い時には、せっかくまとめても崩れがちということも多いので、湿気に強いヘアケアアイテムを使うのもお勧めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする