美肌を目指す基本的なコツ

スキンケアで美肌になるにはさまざまな努力やコツが必要です。私が実践して成功したスキンケアのコツについてご紹介します。

1.紫外線対策

これは綺麗な肌を保つためのもっとも大切なことです。
紫外線は日焼けするという理由だけで対策するのではありません。紫外線は肌細胞に直接傷をつけるのでスキンケアには天敵です。
しっかりとした、紫外線対策としてこまめに日焼け止めを塗ることや、ビタミンなどの抗酸化作用のあるものや、メラニンの生成を抑えるものなどをサプリメントや日頃の食生活で取り入れましょう。

2.洗顔

次は、洗顔です。これは毎日、人によっては毎朝毎晩行うものです。この洗顔を適当にしてしまうと、日々の積み重ねでスキンケアには悪影響を及ぼすのです。
正しい洗顔は、肌への刺激を最小限にかつ毛穴の汚れを適切に落とす方法です。
洗顔料については特に指定はしません、使ったあとにヒリヒリしたりつっぱりがない自分にあったものを使用すれば良いでしょう。
使用するのは洗顔料を泡立てるネットです。しっかりと泡が硬くなるまで泡立てて、手のひらと顔の間を泡を挟んで、手を顔に触れないように優しく洗うことがコツです。
洗い流しも温めのお湯で肌への刺激を最小限にしましょう。

3.化粧水

化粧水も自分の肌にあったもの、つけた時の痛みやヒリヒリ感覚のない肌への負担の少ないものを利用しましょう。化粧水を手に取ると、手のひら全体で押し込むように塗ります。パチパチと顔を叩かないようにしましょう。

正しい洗顔で素肌を毎日リセット

洗顔は美肌を保つには、もっとも欠かせないスキンケアです。美肌が美しい女優の綾瀬はるかさんも洗顔を一番大切にしてると雑誌のインタビューで答えていました。ただ、洗顔が大切と言っても何度もごしごし洗うことが言い訳ではありません。

意外と知らない方が多いのですが、クレンジングオイルを使った後にさらに洗顔をする必要はありません。クレンジングオイル自体がしっかりメイクと肌の汚れを落としてくれるので、その上から洗顔をしてしまうと必要な油分まで落としてしまい、肌が乾燥したり、もっと分泌しなければ!と肌が勘違いしてしまい、油分を落としても落としても多く出てしまうという悪循環に至ってしまいます。

でも、クレンジングオイルだけだと洗い上がりがさっぱり!という風にはならないので、なにか気持ち悪いなと思ってしまう方も多いと思います。私もそのタイプで、オイリー肌なのでクレンジングオイルをつけてさらにオイリーになってしまわないかと心配でした。

そんな方には自分に合う石鹸を使ってW洗顔をするのがおすすめです。ひとつ石鹸と言っても、その数は驚くほど沢山あります。

ドラッグストア等では限られた種類しかなく、どんなものがあるのか知らない方も多いかもしれません。石鹸はオーガニックのものや、天然アロマを使ったいい香りのものなどいろんな種類があるので、結構楽しめます。

私が特におすすめしたいのは、アレッポの石鹸です。オリーブオイルとユーカリでできているので、芯の色が特徴的な美しい緑色です。何年もの年月を寝かして作っているので、表面は茶色に変化しており、香りも草のような土のような少し変わった香りがします。

老舗ブランドでファンも多い商品なので、お近くのお店でも見つけることができるかもしれません。私は主にネットショップか、ロフトや東急ハンズで購入しています。

洗いあがりはさっぱりですが、オリーブオイル成分がしっかり肌の表面を乾燥から保護してくれているようで、長年愛用していますが肌トラブルとは無縁なほど調子がよいです。匂いが特徴的なので好みは分かれるかとおもいますが、まだ石鹸洗顔は試したことない方や、気になる方はぜひ使ってみてくださいね。

しっかり正しい洗顔で、メイクや外気から吸収した汚れを毎日落として、すこやかな素肌でリセットしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする