乾燥肌に悩む方へのスキンケアポイント

しっかりとスキンケアしているつもりなのになぜか肌が乾燥している、と思っている方はいませんか?乾燥肌とは水分も油分も少なく肌の表面がカサカサしてしまう肌のことを言います。角質層の水分、油分には肌を保護する役割があります。肌が乾燥するとその役割が十分に果たせないため放っておくとあらゆる肌トラブルが現れやすくなってしまいます。それでは、乾燥肌の人が気を付けなければならないスキンケアのポイントにはどのようなものがあるのか紹介していきます。

1.クレンジング方法

乾燥肌の方にはクリーム・ジェルタイプのクレンジングがおすすめです。クリームやジェルの暑さで肌との摩擦を抑えることができます。クリームタイプのクレンジングには保湿成分が多く含まれているため乾燥肌の方のためのラインナップも豊富です。数あるクレンジングクリームの中から自分に合うものを探してみてください。肌を強くこすると乾燥肌の原因になってしまいます。口元や目元などメイクが濃い部分は、クレンジングクリームを使用する前にポイントメイクリムーバーなどで落とすようにしましょう。

2.洗顔をしっかりとする

乾燥肌の方の中には、洗顔後は乾燥するからできるだけ洗顔の回数を押さているという方もいるかもしれません。しかし、皮脂は寝ている間にも出ており、時間がたつと皮脂は酸化して毛穴の開きやニキビの原因になります。乾燥しやすい肌の方はよく泡立つ洗顔料を使い、やさしく泡で包むように洗顔しましょう。

3.化粧水のつけ方

化粧水だけをつけるのはかえって乾燥のもとです。化粧水をつけたら、乳液もつけて化粧水が蒸発して水分が失われるのを防がなくてはなりません。乾燥肌の方は、コラーゲンやヒアルロン酸が多く含まれる化粧水を選びましょう。

いかがでしたか?私も乾燥肌なのでスキンケアにはかなり気を使っています。化粧の落とし方などもちょっと工夫するだけで肌の潤いが全然違います。ぜひ試してみてください。

スキンケアは保湿が要!?

若い頃からスキンケアには熱心だった私。数々の高級コスメから、ドラッグストアのコスメまでいろいろ試してきて、たどりついた結論。スキンケアは保湿が要!

気になる乾燥も、小じわも、シミもしわも、結局原因は乾燥から来ているのです。保湿を制するものが美肌を手に入れると言っても、過言ではないと思います。

「化粧水だけに頼っていませんか?」

私が声を大にして言いたいのが、化粧水だけで保湿することは不可能だと言うこと。化粧水の後に乳液やクリームで蓋をすることが、大切です。特に若い方の中には、ベタベタするからっていう理由で乳液を嫌う方が多いですよね。私もそうでした。ただ、化粧水のみのケアを続けると毛穴の開きを招いてしまうことも…。

ベタつきが気になる方は、さっぱりタイプの乳液を選んで使いましょう。肌の乾燥を防ぎ、きちんと保湿をしてくれます。

「洗いすぎは百害あって一理なし!」

クレンジングや洗顔でしっかり汚れを落とすとさっぱりしますよね。でも、大事な潤いも一緒に洗い落としてしまっていることも…。その時々の肌の状態を見ながら、洗いすぎないように気をつけましょう。

特にクレンジングは、肌に合った優しいタイプを選ぶことが大事です。オススメはミルククレンジングか、クリームクレンジングです。ナチュラルメイクの方であれば、オリーブオイルや乳液でメイクオフすることも可能です。

肌がきれいだとメイクするのも楽しいし、おしゃれが楽しくなりますよね。今の自分を好きでいられるように、丁寧な保湿を心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする